里芋は今。

0
    4月24日に植付けた里芋たちは、今、こんな感じです。


    一番大きく育っているものでこれくらい。


    2週間程前には、早い芽がいくつか土から覗いた感じです。
     
    今になってようやく芽の先を地表に覗かせ始めたものもありますが、なんとか全部萌芽
    してくれそうで、一安心。
     
    お芋は全般そうですが、里芋は萌芽までの時間が特にかかるので、いつもの事ながら、
    芽を見るまではちょっぴり心配です。
     
    全部早くぐんぐん大きくなって、今年もお芋をたくさんつけてくれるとよいな。
     
    ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
    にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
     

               

    里芋の植付け

    0

      今年は、借りられた畑が小さいし、なんだか忙しいし、で、里芋は植えない予定
      だったのですが、去年収穫した土垂だか蓮葉芋だか(スーパーで買った里芋が
      ルーツなので、品種がはっきりしない)の大きな親芋が腐らずに残っていたのと、
      食べ残しの子芋も少しあったので、急きょ、仕事先の畑の隅に里芋を植え付ける事に
      しました。

      4月1日に、芽出しすべくお芋を土に埋めて、マルチをかけておきました。

      用意した芋はこんな感じ。


      24日になって掘り出してみたら、まだ根は出ていなかったのですが、芽が少し出て
      いたので、もう、マルチを張った畝に植え付けちゃいました。

      (植付けてからマルチを張って、芽が出たところからマルチを破ろうと思って
      いたのに、うっかり先にマルチを張ってしまったので、マルチに穴をあけての
      植付けになりました。)

      いつもは、親芋は頂芽の下をカットして逆さに植えるのですが、今年私が購入した
      書物で、子芋標準植えと親芋逆さ植え、親芋標準植え(逆さじゃないという事)の
      3パターンの植え方での収穫量を比較する実験をした例が紹介されていて、
      それによると、親芋逆さ植えより親芋標準植えの方が収穫量が多かったという結果でした。

      あくまでそれは一例だとは思いますが、それじゃぁ、何もわざわざ芽を切り取る事
      ないじゃん、と思いまして、今年の里芋の親芋は、普通に、最初の芽を育てる事に
      致しました。

      さて、どれだけ出来るでしょうか?

      去年、自分の畑で豊作だったように、今年もたくさんとれるとよいな、と思います。

      しかし・・・こう見ると、芋は全部で9つありますが、掘り出して植えたお芋は
      全部で8つ・・・

      あれ〜?芽出しで埋めておいたところに残してきちゃったかな? 

      そのうちひょっこり、そのあたりから芽を覗かせるかもしれません。

      ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
      にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
      にほんブログ村


                 

      最後の里芋

      0

        霜にやられてしまうと嫌なので、残りの里芋を掘りました。

        土垂(なのか蓮葉芋なのか?)とセレベスが1株ずつです。


        セレベスは、一番の大株を掘ったら、親芋、孫芋を含めて25個のお芋がとれました!


        これは、セレベスにしては、たくさん採れたような。

        しかも、1つの芋が大きいので、大分食べ甲斐がありそうです。
        (でも、セレベスは割とお値段が高めな事を知っている母親が
        「お正月用にたくさん欲しい」と言っているので、大方が実家行きになりそうです)

        一方、多産系の土垂の方は、バラして数えてみたら、親芋を含めないで20個ジャスト。
        少し少ない気がしますが、1個の芋が大きい事!

        今年の里芋栽培は、去年に比べると豊作のようでした。

        一方、勤務先の畑で育てた里芋(土垂)は、なぜかものすごく葉茎の育ちが悪くて、
        1メートルの丈にもなりませんでした。

        植付けが遅かった事や、成長初期〜中期にお世話が追いつかずに雑草に埋もれてしまった
        と、原因に思い当たるフシもないではないですが、ちゃんと植付けて除草剤などで雑草を
        防除されていた、ごく近所で育っていた地主さんのたーくさんの里芋も、なぜか育ちが
        悪かったです。(こちらの里芋よりちょっとばかり大きく育った程度)

        土壌が合わなかったのでしょうか?? ちょっと不可思議です。

        勤務先の畑の履歴は今年より前は知らないので、分析のしようもないのですが、来年は
        リベンジを目指そうと思っています。

        掘り上げたうちの畑の里芋は、泥つきのまま室内で保存して、冬の間美味しく食べ続け
        ようっと。

        ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
        にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
        にほんブログ村


                   

        セレベスの早掘り。

        0

          セレベスは晩生だそうなので、本当はもっと後に掘るのがよいのでしょうが、掘って
          みたくてたまらず・・・・

          掘ってしまいました!(10月30日)


          セレベスは、土垂系と比べると、子芋孫芋は少ないですね。でも、大きいです。

          親芋も美味しいなら、重量的には土垂の収穫量と遜色ないのかな〜?

          大きな大きな親芋に、大きな子芋が7個(生長過程の孫芋3個つき)と、孫芋が7個
          とれました。

          平均的には、いくつくらいとれるといいのだろう??

          残り2株は、もっと遅くに掘りますよ。

          ところで、セレベスの茎は食べられるのか否かが今ひとつ不明だったのですが、
          食べられるという説をボチボチきくので、これだけ持ち帰りました。


          結構な量です。

          食べて危険でないかどうかは、こうなったら、自分で確かめるしかありません。

          かつて、私と同じ農園の区画を借りていたお寿司屋さんが、

          「里芋の茎は緑のヤツでも食べられる。土垂でも石川早生でも。」

          と豪語していたので、

          「一部の里芋を除いては、茎はえぐみが強くて食べられない」と認識していた私
          でしたが、食のプロが言うなら」と、土垂の芋茎を持ち帰って食べてみた事が
          ありました。

          ・・・が!!!

          丁寧にアク抜きをしたつもりだったにもかかわらず、シュウ酸の刺激がものすごく
          強くて、口内から喉まで痺れまくりが暫く続きました。あれはつらくてひどかった。

          どこの寿司屋かしらないけれど、絶対食べにいかないぞー!

          そういった経験があるだけに、自分の身での人体実験はちょっぴり怖かったのですが、
          夫を実験体にするわけにいかないので、しかたありません。

          結果は・・・大丈夫でしたっ!!

          よかった。これで芋茎もたくさん食べられます。

          すぐに食べない分は、干し芋茎にしようと思います。

          セレベスのお芋の方も早速煮て食べましたが、ぬめりが少なく、しっとりほっくり系の
          美味しいお芋でした。
          子芋1個が大きいから、1個で2人で1食分の煮ものができました。

          ねばねばの土垂も美味しいし、2種類の里芋を使い分けようと思います。

          ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
          にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
          にほんブログ村


                     

          里芋の早掘り。

          0

            今は収穫の端境期で、畑に行ってもあまり収穫できるものがありません。

            せいぜい、片付けついでに紫蘇の葉を摘んだり、もう大きくならないちっこいゴーヤを
            とったり、必要な分の九条ネギを抜いたりする程度。

            なので・・・

            ついつい里芋を1株、早掘りしちゃいました。

            掘ったのは、スーパーで買った食用の里芋(保存しておいた種イモを腐らせちゃったから)
            を種イモにして育てた株。

            品種は、土垂かはす芋か・・・不明(笑)

            ※ここでいうはす芋とは、茎を食用にする蓮芋の事ではなく、埼玉県で一時期JA推奨品種
            にされた土垂に似た品種のお芋の事を指します。
            何やら、食味は土垂に似ているものの、くねっと曲がったタイプの子芋がつきがちな土垂
            と違って、丸く大振りな子芋がつくタイプの品種だとかなんとか、農家さんがおっしゃって
            おりました。
            見た目がよいから消費者受けがいいと考えられて推奨されたのかな〜?
            でも、比べちゃうと、食味は土垂の方がよいらしいですよ。

            まぁ、いずれにせよ、関東では一般的な、ぬめっとねばっとタイプの里芋である事は
            間違いありません。

            掘り起こした株はこんな具合。


            土もこんもりついているとはいえ、結構な大株の感じ。

            バラすのに手こずりましたが、このくらいとれました〜。


            数を数えてみたら、36個。

            数としては、まぁ、ボチボチというところでしょうか。

            でも!大きなお芋が多いのです。

            こんなサイズがゴロゴロ。


            個人的には好みのこのくらいのサイズもたくさんあったから、まぁ、いいか。


            早速、煮て食べてみましたが、掘りたての里芋は、本当にしっとりねっとりして
            美味しいですねぇぇぇ〜♪

            味をしめて、セレベスの方も掘ってみたくなりましたが・・・

            さすがに、もうちょっと我慢しましょう(笑)

            ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
            にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
            にほんブログ村


                       

            今年は里芋に期待できるか?

            0

              去年は水不足で満足な収量があげられなかった里芋ですが、今年はカラカラ期間が
              そう長くなかった為か、水遣りにあまり気を使わずとも、とても大株に育っている
              ような気がします。

              暑かったり時間がなかったりで、追肥も水遣りも土寄せもろくにしてあげていませんが、
              いつの間にやら、親茎がとても太くなりました。

              土垂の親茎。


              人差し指を当ててみると、更に太いです。

              こちらは、セレベスの親茎。


              わかりづらいですが、土垂よりひとまわり太いです。

              セレベスは初めて育てましたが、巨大な株に育つのですね〜。

              今月末あたりからボチボチ掘り始めようと思いますが、どんな出来か楽しみです。

              株が大きくなっても、芋が少ないとか小さい、なんて事があったら嫌だな(笑)

              ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
              にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
              にほんブログ村


                         

              今年のサトイモはビッグ!

              0

                去年は雨の少ない猛暑(今年に比べたら今一つだったかもしれませんが、去年も
                戦後何番目かの暑い夏だったはず)だった為に、水遣りが間に合わずにイマイチの
                収穫量でした。

                今年はもっと暑い!!のですが、意外と雨があるので(カラカラだったのは、
                つい先日までの2週間くらい?)あまり水遣りの苦労もなく、サトイモがモリモリ
                と育ってくれています。

                (各地では水害が相次いでいるので、「意外と雨がある」などと言っていられる
                のは幸せな事です。被害の様子をニュースなどで見ると心が痛みます。
                被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。)

                毎年土寄せの土確保が大変で、今年は深植えしてみたので、これまであまり土寄せ
                をしていないのですが、背丈は私と同じ1メートル56,7僂らいに育ったかな?


                種イモは、ホームセンターで購入したセレベスと、スーパーで買った食用の土垂の
                残りですが、どちらも立派に育っています。

                セレベスは大きくなるのですね〜。土垂よりちょっぴりビッグです。

                これでお芋も立派に育ってくれていたらよいのですが、こればかりは掘ってみないと
                何とも言えないですね。

                うちの畑のサトイモはこんなに立派なのに、実は、勤務先の農園に植えたサトイモ
                が小さいのです(泣)

                地主さんから余った種イモ(土垂)を頂いて植えたのが5月の初旬。

                忙しくてなかなか植付け作業が出来ず、かなり遅くなってしまいましたが、
                「そのうち追いつくだろう」とタカをくくっていました。

                それが・・・忙しくて除草も出来ず、雑草に覆われてしまったからなのか、
                追肥もなかなか出来なかったせいなのか、背丈は1メートルにも達していない
                かもしれません。

                不思議なのは、4月には植え終わっていた地主さんの大量のサトイモも、決して
                大きく育っていない事。

                どうしてなのでしょう!?

                種イモのせいなのか?土壌のせいなのか??

                畑の仲良しおじさんのサトイモも、4月早々にいつもと同じに植付けをして、
                うちのより全然早く芽が出たのに、なぜか背丈が相当チビっこで、おおいに悩まれて
                おります。

                一体どういう違いなのでしょうね〜。

                芋掘りの時期が(他人のを見るのは楽しみですが)、ちょっと怖いです、
                勤務先の小さいサトイモを掘る時がね〜(汗)

                ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
                にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
                にほんブログ村


                | 1/4PAGES | >>
                          

                calendar

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << October 2017 >>

                search this site.

                     

                Thanks for coming!

                profile

                Message


                菜園生活、もうすぐ10年目
                まだまだ勉強中&試行錯誤中!
                多くの方と、野菜作りの楽しみを
                共有できたらうれしいな〜♪

                What time is it now?

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                links

                others

                mobile

                qrcode

                BlogPeople




                recommend



                珍しい種苗がたくさん!日光種苗

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM